Exness(エクスネス)|無制限ハイレバで大注目の海外FX口座をご紹介します!

2021-10-14

Exness

Exness(エクスネス)は、無制限レバレッジ&ロスカットレベル0%と、

攻めのトレードでガンガン増やしたいトレーダーにおすすめ

のブローカーです。

  • 最低入金額1ドル相当(約110円)〜
  • レバレッジ無制限
  • ゼロカット制度あり

これを聞いただけですぐに興味を持ってしまいますよね。

実際に、Exnessで口座を開設してトレードしているのですが、良いです。

有名どころのXM・GEMFOREXに加えて、Exnessも主要ブローカーとして利用しています。

ユーザーの観点から、Exness(エクスネス)の良いところ・おしいところについてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。



Exness(エクスネス)をおすすめできる理由

Exness(エクスネス)をおすすめする理由、つまり良い点をご紹介していきます。

ライセンス取得で信頼性が高い

Exnessの運営会社はNymstar Limitedです。2008年に設立され、セーシェル共和国の金融庁ライセンスを保有しております。

日本ではExness(エクスネス)という名称でFXブローカーとして知られていますが、海外では別名で金融商品を取り扱う大きなグループです。キプロス証券取引所や英国金融行動監視機構の金融ライセンスも取得しています。

本社はキプロス共和国にありますが、マレーシアにもオフィスがあります。日本人スタッフもいて、チャットサポートでは日本人が対応してくれます。(しかもとても丁寧な対応で質問しやすい!)

無制限レバレッジでトレードできる

Exnessといえば無制限レバレッジです。

通常でもレバレッジ2,000倍のトレードが可能なのですが、条件をクリアすれば無制限レバレッジでトレード可能となります。無理な条件ではありませんので、問題なく無制限レバレッジが利用できます。

無制限レバレッジを利用するための条件

  • MetaTrader4(MT4)の口座
  • 口座証拠金が1,000ドル未満
  • 過去に10回以上のトレード履歴がある
  • 過去に合計5Lot(50万通貨)以上のトレード履歴がある

レバレッジ2,000倍ということは、1ドル=100円なら500円で1万通貨のポジションを持てちゃうということです! 少額でトレードできるのが海外FXのメリットの一つですよね。

ロスカット水準は証拠金維持率の0%

ロスカット水準はブローカーによって異なります。維持率は低ければ低いほど強制的に損切りされる確率が下がるのでトレーダーにとっては有利だと考えられます。

「あともう少し待てば反転して上昇する!」といった場面に遭遇したことはありませんか?

ロスカットをギリギリのところで回避できるような時には、ロスカット水準0%に救われます。

ただし、ロスカット水準が0%ということは、損失を小さく抑える機能がないともいえます。

「もう少し待てば反転すると思ったけど、反転せず証拠金が0円になってしまった…」

というパターンです。

この場合、ロスカット水準が高ければ手元にいくらか証拠金を残すことができたわけですから、ロスカット水準0%に泣くことになります。

トレード方針によって考え方はさまざまあると思いますが、ロスカットされないに越したことはないので、ロスカット水準0%はトレーダーにとってメリットの1つでしょう。

ゼロカットシステム採用

Exness(エクスネス)ではゼロカットシステムを採用しています。Exnessに限らず、海外FXブローカーでは、入金額以上のマイナスを補填してゼロに戻してくれます。

ハイレバレッジ環境でトレードするので、大きな借金を背負うことになったらどうしよう…なんて心配は不要です。マイナス残高はExnessが自動でゼロにリセットしてくれます。

ちなみに、国内FXではゼロカットシステムは採用していません。そのため、トレーダーを保護する観点から、ロスカット水準を高く設定しているところが多いです。(任意で変更できるところも)

最低入金額は1ドルから

Exness(エクスネス)のスタンダード口座の最低入金額は1ドル相当額〜とされていますが、入金手段ごとの最低入金額を考慮すると実質10ドル相当額(1ドル=110円だと1,100円)から始められます。

入金方法により最低入金額が異なりますが、PerfectMoneyによる入金をのぞき、ほかすべての入金方法が10ドル〜入金可能です。

(2021年10月13日現在)

ただし、スタンダード口座以外のプロ口座(ロースプレッド口座・ゼロ口座・プロ口座)は最低入金額が100ドル相当額〜となりますので、Exnessをはじめてご利用になる場合はスタンダード口座がおすすめです。

Exnessのおしいところ

Exness(エクスネス)のおすすめ理由をお伝えしてきましたが、「○○だったらもっと良かったのに…」といった惜しいところについてもご紹介しておきます。

レバレッジが自動的に制限される

Exness(エクスネス)では有効証拠金に応じて、自動的に最大レバレッジが制限されます。2,000倍・無制限の超ハイレバ環境で、100万、1,000万円…といった高額トレードは危険です。トレーダーの資産保護の観点からも、レバレッジ制限は致し方ないといえます。

有効証拠金(USD):利用可能な最大レバレッジ
0−999:無制限
1,000−4,999:2000倍
5,000−14,999:1000倍
15,000−29,999:600倍
30,000−59,999:400倍
60,000−199,999:200倍
200,000以上:100倍

※その他、経済ニュース・経済指標発表前後や週末・週明けなどにレバレッジが制限される場面があります。

ボーナスがない

Exness(エクスネス)では、海外FXによくある「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」を提供していません。

ボーナスをもらえるか、もらえないかでいうと、もらえる方がいいですよね。

ケチ…ではありません。ボーナスがない分、スプレッドを小さくして、ユーザーにメリットを与えてくれています。

【スタンダード口座 ドル円 スプレッド比較】

他社スタンダード相当口座の平均スプレッド:1.4〜1.8 pips

Exnessのスプレッド口座のスプレッド:1.1 pips

ちなみに、プロ口座では0.7pipsと超狭小スプレッドでトレードできます。

狭小スプレッド&ハイレバ環境で攻めトレードしたい時はExness、ボーナスで投資額を増やしてお得にトレードしたい時はボーナス制度のある口座で、と使い分けるといいですね。

実際にトレードや入出金をしてみた感想

XMやGEMFOREX、is6comなど他の海外FX口座を利用したことがある方は、スムーズに使いこなせます。プラットフォームは他の海外FX業者と同じ、MT4かMT5ですので、操作に戸惑うことはありません。

(海外FXが初めてという方は、XMGEMFOREXなどの口座開設ボーナスをもらえる口座で、試してみることをおすすめします。)

海外FXユーザーの多くが利用しているBitwalletにも対応しており、入出金もスムーズです。2021年7月には銀行送金による入金にも対応し始めました。少しずつ利便性がアップしていってるので、これからますます利用しやすくなっていくと期待できます。

ハイレバ環境で、少額で、攻めのトレードでガツンと稼ぎたい方は、Exnessでぜひ!