【FX】失敗トレード2020/8/27

FXトレードは失敗を反省して次に活かさなければいけません。

というわけで、今から反省をします。

FXの失敗トレード発生時の行動

2020年8月27日の22時過ぎ頃、ドル円チャートを開くと大きく円高方向に動いていました。「あ!まだ下がる!」と思いショートでエントリー。

エントリーしてすぐに、過去の失敗が蘇ってきました。この感じ…あかんやつかも…と思いながらチャートを見ていると、やっぱり失敗でした。

スキャルパーのわたしは、5分足をメインにチャートをチェックしています。画像上の矢印あたりでショートでエントリーしてしまいました…

ローソクがズドーンと落ちていくのを見て、つい、エントリーしてしまいました。

FX失敗トレードはなぜ起こったか?

なぜ失敗したのか?

理由は…

①根拠がないのにエントリーした

(これではただのギャンブルです)

②チャートを開いて5分足だけチェックしてすぐエントリーした

(短い時間足は長い時間足に比べて変動が大きく見える。長い時間足も確認して全体的な流れをつかんでからトレードすべき。そもそも、チャートを開いてすぐエントリーだなんて、せっかち過ぎる。)

③テクニカルを無視してエントリーした

(ボリンジャーバンドの-3σにタッチしているのを見ていれば冷静に判断できたのでは。)

④22時前後はNYで指標が発表される時間帯なのにノーチェックでエントリーした

(この日は、FRBのパウエル議長の講演がありました。期間平均2%のインフレ率を目指すと表明したことを受け、米金融緩和が長期化するとの思惑でドル全面安。ドル円が105.61まで急落したのですが、わたしはこのあたりでチャートを開き、ショートでエントリーしたのです。でもこの後、金融緩和の長期化を好感した動きに変わり、結局ドル円は106.71まで反発…。エントリー前に、経済指標カレンダーをチェックしていれば、このタイミングで慌ててトレードしなかった。)

自分の行動を文字にすると、本当に「何やってんだろう…」と凹みます。全ての行動がアウトで、自分が決めているルールを守れていませんでした。

完全に「これイケるんちゃうん?!」という直感トレードでした。

FXトレードのマイルールは?

わたしがスキャルピングトレードする時のルールは以下のとおりです。

  • まずこれからどのような経済指標発表があるか確認する
  • 5分足、15分足、1時間足、4時間足のチャートを見て全体的な流れを確認する
  • テクニカルに忠実にトレードする

※テクニカルに忠実にトレードするための細かなルールや、損切りラインなど他にもあるのですが、ここでは省略します。

マイルールを決めているのに、すべてのルールを無視していることがお分かりいただけると思います。これではマイルールの意味がありません。

テクニカルの見方はどうなのか?

マイルールはさておき、テクニカルを正しく見れていたら失敗しなかったかもしれません。

画像を見ていただければお分かりかと思いますが、ボリンジャーバンドの-3σにローソクのおひげさんがタッチしちゃっているので、冷静に考えればロングでエントリーでしょう。

まっすぐ長く伸びるローソクを見ると、冷静さを失うのがわたしの悪いクセです。テクニカルなんて見えていませんでした。

FXで失敗しないためにはマイルールを徹底する!

今回の失敗は完全にマイルール無視が原因です。もともと真面目にコツコツやるタイプではないので、ふとした時に性格が出てしまいます。

FXはチャートとの戦いでもありますが、自分との戦いでもあります。

心をあらためて、また来週からがんばります!