【テクニカル分析・トレンド系】MACDでFX

テクニカル分析の一つ、MACD(移動平均収束拡散手法)

まっくでぃー

と読みます。


MACDは移動平均を発展させたもので、売買シグナルにおいて精度を高くした、テクニカル分析の一つです。

オシレーター系に分類されることも多い、人気のテクニカル指標です。

MACDのしくみ

MACDの図

MACDとは上の図のように

MACD線・シグナル線・ヒストグラム

の3つの指標で判断をします。

MACD最近の相場が以前の相場と比べて上昇or下降しているかを表す

シグナルMACDの平均値をとりMACDと比較し相場が平均とどれだけ変化しているかを表す

ヒストグラムMACDとシグナルの差 この大小によりクロスポイントの信憑性が増す

MACDの見方

ゴールデンクロス・デッドクロス

上の図の黄色の○はゴールデンクロス・デッドクロスと言い、売り買いを判断するポイントになります。

・MACDがシグナルを下から上にクロスして上がる→ゴールデンクロス(買い)

・MACDがシグナルを上から下にクロスして抜ける→デッドクロス(売り)

交差するラインはゆるやかなものよりも、角度があるものの方が信憑性が高くなります。

0ライン

ヒストグラムの上下ラインの中心である0ライン(ゼロライン)

この0ラインを基準に買いか売りか、の判断に確度を高めることができます。

・ゴールデンクロスの後に、MACD線とシグナル線両方が0ラインより上だと信憑性が高くなる

・デッドクロスの後に、MACD線とシグナル線両方が0ラインより下だと信憑性が高くなる

ダマしに注意

MACDはレンジ相場では上手く機能しないことが多々あります。

そもそもレンジ相場の時はMACDでなくても手を出しにくいのですが…

売り買いのシグナル反応が遅く、ゴールデンクロスだ!と手を出したら、その途端に下落していくということもよくあります。

レンジ相場の時には手を出さないのが無難でしょう。


FXカテゴリの最新記事