FX プライスアクションを1日1つずつ覚えよう!1日目

2021-12-17

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

FXトレードで勝つために、プライスアクションの知識は必要不可欠です。

プライスアクションって難しそう…と思う方もいるかもしれませんが、皆さん、すでにプライスアクションでトレードしているんですよ。

ローソク足を見て、「あ!これなんか下がりそう!」「ここからグーンって上がるやつ!」と思ってエントリーしたことありませんか?

これもプライスアクションです。だって、プライス(価格)のアクション(動き)を見てるのだから。

ただ、見方を間違えたり、特徴的な形を知らないと、思わぬ方向に動いてしまい負けちゃう…といったことになります。

プライスアクションの知識をしっかりと身につけて、トレードしてみてください。

勝率がアップしますよ!

プライスアクションの特徴的な形は複数あります。

いっきに覚えようとすると、面倒くさくなるかもしれません。

わたしがそうでした…

というわけで、1つ覚えたら実際に試してみて、腑に落ちたら新しいプライスアクションを覚える、というように着々と知識を積み上げていただきたいと思います。

プライスアクション包み足(アウトサイドバー)

包み足(アウトサイドバー)は、1本目のローソク足の高値と安値を、次のローソク足が完全に包み込んでいる組み合わせです。

次のローソク足が、前のローソク足を包み込むような形であることから、包み足と言われています。

包み足は反転シグナル

包み足は、価格の反転を示すとされています。

前のローソク足よりも、次のローソク足の方が長いということは、1つ前の時間足よりも値動きが大きくなったということ。

つまり、売買が増えたということです。

包み足は、高値や安値を更新したあとに、逆方向に伸びる形で現れることが多いです。

安値圏や高値圏で現れると、トレンドの終わり=反転を示すと判断することができます。

安値圏や高値圏ではない場合、トレンド相場の押し目・戻り目である可能性が高いです。

包み足のエントリーポイント

トレンド相場で現れる包み足は、エントリーポイントである可能性が高いので集中してウォッチしましょう。

レンジ相場で現れる包み足は、有効に機能しないので基本的に無視してください。

レジスタンスライン(抵抗線)・サポートライン(支持線)を引いてください。

  • 上昇トレンドが続いている中、レジスタンスラインで陽線・陰線ペアの包み足が現れたら、下降トレンドに転換する可能性が高くなるので、エントリーの準備をしましょう。
  • 下降トレンドが続いている中、サポートラインで陰線・陽線ペアの包み足が現れたら、上昇トレンドに転換する可能性が高くなるので、エントリーの準備をしましょう。

包み足エントリーの注意点

レジスタンス・サポートのラインで包み足が現れたからといって、慌ててエントリーしてはいけません。

できるだけ高値や安値でエントリーして、少しでも大きく利益を得たいところですが、反転と見せかけてまだまだトレンドが続く可能性もあります。

包み足が現れた後、一方向に推移するローソク足が連なることを確認してからのエントリーでも遅くありません。

しばらく続くであろうトレンド相場の「頭と尻尾はくれてやれ」です。

●口座開設で3,000円ボーナスGET! トレードする度にボーナスや現金に交換できるポイントが貯まる!●

●ボーナスキャンペーンがとにかくお得で豊富!●

●レバレッジが2,000倍!条件クリアで無制限レバレッジも●

●国内FXでさくさくスキャルピングしたいならココ●