海外FXデビュー

海外FXデビュー

ある日突然、「海外FX」が頭に浮かびました。

本当に突然です。

海外FXは怖いというイメージがありました。

だから、絶対に手を出すまいと思っていたので、そもそも調べてみたりすることすらなかったのですが…

頭に浮かんでしまったからには、調べて白黒ハッキリしないと気持ち悪いので、調べました。

海外FXを怖いと思っていた理由

海外FXは国内FXよりもハードルが高いイメージを持っていました。

複雑そう、リスクが高そうなどいろいろ含めて「怖い」と思っていました。

どうして 海外FX=怖い と思い込んでいたのか?

ハイレバレッジは危険

国内FXはレバレッジは最大25倍までという規制があります。

ところが、海外FXはレバレッジの制限がないため各社200倍〜1,000倍というように最大レバレッジを設定しています。

ハイレバレッジということは、少額で多額の取引をすることができるのですが、これを「怖い」と思っていました。

もし、失敗して大きな損失を出してしまったら多額の借金を抱えてしまうという不安です。

★不安解消

ところが、ほとんどの海外FX口座ではゼロカットシステムという制度を採用しているので借金の心配はありません。

※ゼロカットシステムについては後で説明していきます。

海外のFX会社にお金を預ける不安

海外FX会社って聞いたこともないし、トラブルが多いと聞いたこともあるし、日本で守られていない会社にお金を託すこと自体が不安でした。

国内の銀行で知名度の低いところに、いくら金利がいいからと言っても定期預金を預けるのは不安ではないですか?それが海外の業者ともなれば不安は倍増です。

昔は、一度入金したお金を出金する際に出金拒否をされてしまったというトラブルも多かったようです。

★不安解消

もちろんそういう危険な業者は顧客もいなくなりますので、今では機能していません。

「海外FX」で検索して出てくるXMGemForexなど、国家ライセンスなどを取得している業者や信託保全を行っている業者なら安心して取引をすることができます。

海外FXの良いところ

マイナスなイメージを持たれることが多いであろう海外FXですが、メリットを感じて多くの人が利用しているのも事実です。ここでは海外FXの良いところをお伝えしていきます。

ハイレバレッジなので少額でスタートできる

海外FXの最大のメリットはハイレバレッジであることです。

海外FXが怖いと思われている理由の一つでもあるハイレバレッジですが、国内FXが最大25倍のところ、海外FXは200〜1,000倍です。

国内FXよりもさらに少ない金額で大きな取引をすることができます。

借金を抱えるリスクがない

海外FXではゼロカットシステムという制度を取り入れている口座がほとんどなので、急な相場の変化で証拠金を割り込んでマイナスになったとしても、ゼロにしてくれるのです。

つまり借金を抱えるリスクを排除してくれているのです。

その前にロスカットがあるのですが、国内業者よりもロスカットの基準が低いため、急激な相場の変化でマイナスになることもあります。

それでも借金を抱えることなく、ゼロにしてくれるのです。

ゼロカットシステムはメリットしかありません。

逆に、国内業者はマイナスになった場合、その損失分は支払わなければいけません。ただ、そのリスクを少しでも抑えるために、ロスカット基準を高く設定しています。

キャンペーンを利用して0円でスタートできるかも

海外業者の中には、口座開設後にすぐ数千円〜数万円を口座に入金してくれるというキャンペーンを行っているところがあります。

つまり、自分の持ち出し資金0円で取引がスタートできるのです。

キャンペーンでもらったお金は出金できませんが、そのお金で出た利益分は出金することができるなど条件は付きますが、無料でリアルトレードができるなんて感動です。

初心者にとっては、自分のお金を1円足りとも使わずに取引ができるのでありがたいキャンペーンです。

海外FXの残念なところ

海外FXの良いところをあげてきましたが、もちろん、物事良いことばかりではありません。少し残念なところもあるので、ここではきちんとお伝えしていきます。

出金する時に少々時間がかかる

出金方法は多様であるものの、全体的に時間がかかるところが難点です。国内FXは時間内であればすぐに国内の取引銀行に手数料無料で入金してもらえますが、海外FXは数千円の手数料がかかり日数も2営業日以上かかるところがほとんどです。

ある程度利益をあげて、まとめて出金をしなければ手数料がもったいないです。

ただ、銀行口座への出金以外にも、クレジットカードやPayPalなど、各社あらゆる方法を設けていますので、出金方法のことも考えて口座を選ぶといいです。

スプレッドが大きい

国内FX業者ではドル円は0.2銭などほぼないに等しいスプレッドで取引ができますが、海外FX業者のスプレッドは1.2銭〜など最初は「おっ…おぉ…」って思ってしまうレベルで広いです。

スキャルピングだとスプレッドが響いてきますが、デイトレ以上であれば許容範囲です。

税金が国内FXとは違う

税金の取り扱いは国内FXと海外FXで違うので、国内FXで慣れている方は特に注意が必要です。

利益をあげすぎると国内FXよりも税率がUPしてしまう点と、損失の翌年以降の繰越ができないなどのデメリットがあります。

一方で、年間の海外FXでの利益が195万円以下であれば国内FXよりも5%も税率が低くなるというメリットもあります。

国内FXは所得額にかかわらず税率は一律20%の申告分離課税です。

海外FXは利益によって税率が変動します。

195万円以下であれば15%

330万円以下であれば20%

695万円以下であれば30%

最大で50%となっています。

また、税の種類が違うので、国内FXと海外FXとの間で損益通算はできません。

海外FXを実際利用してみて感じたこと

海外FX口座を開設して取引をしてみて感じたことは…

めっちゃいいやん〜

です。

ちなみに、わたしは、GemForexで口座を開設してみました。

数ある海外FX業者の中からGemForexを選んだ理由は次の通りです。

  • ちょうど20,000円の口座開設キャンペーン期間だったから
  • スプレッドが海外FX業者の中でも平均的だったから
  • 金融ライセンスを取得していて一定水準の規制のもと運営されているから
  • オーナーが日本人とのことでなんとなく安心感UP

口座開設は数分でできた

早速口座開設をしたところ、数分でできました。

  1. フォーマットに入力
  2. 免許証、保険証、免許証を持った自分を自撮りしたものを送る
  3. 口座開設完了のメールが届く
  4. キャンペーン入金のメールが届く

これでもうトレードすることができちゃいます!!!

キャンペーン分は「クレジット」というところに残高表示されていて、自分の入金分とは別で表示されます。

初回、入金はしていませんのでクレジット20,000円で取引をスタート。

取引操作は簡単

本当に0円でリアルにトレードができました。

スマホでもPCでもできます。

まずはお手軽にスマホでやってみました。

トレード→数量を±で指定→買で買い注文完了です。

バスンっ!みたいな気持ち良い音が操作完了の音のようです。

入金もしてみた


とりあえずいろいろ操作をしてみたかったので入金もしてみました。

クレジットカードやPayPal、BitCoinなど他にもいろいろな入金方法がありましたがベーシックに銀行送金で入金をしました。

海外FXですが国内の銀行口座への送金です。

振込をする前に、マイページから送金予約をします。

すると、送金予約完了メールが届き、そこに記載されている送金先へお金を振込ます。

入金手数料は無料だと書いてあるのに送金手数料がかかったよ?と悩みましたが、ホームページの入金についてのページの一番下に、

送金手数料リクエストとして送金のエビデンスを添付してメールを送ると手数料を負担しますという内容の案内が記載されていました。

早速メールを送ると数分後にメールが届き、FX取引口座の残高に手数料分が入金されていました。

国内FXのようにリアルタイム入金などはできませんが、クレジットカードなどであればすぐに入金ができるようです。

長くなりましたが結局のところオススメだと思いました

国内FXよりも入出金に時間と動作が増えるなどの手間はありますが、それを差し引いても、少額でハイレバで取引ができるのはありがたいので、個人的には海外FXはオススメできるなと思いました。

GemForexでは口座開設だけではなく、頻繁に入金キャンペーンも行っているのでこれももちろん利用しました。

わたしはスキャルピングが好きなので国内FXでスキャルピングをして、海外FXでデイトレと分けて取引をしています。

まだ海外FXは利用して間もないので、また気持ちに変化が出たり新たな発見があればこちらで発信していこうと思いますが、今のところ、やって良かったと思っています。

XM

GenForex

FXカテゴリの最新記事