FX 負けが続いている時に読んで欲しい

FX 負けが続いている時に読んで欲しい

FXで負け続けている時、どのような行動をとりますか?

  • ひたすら反省する
  • 有名なトレーダーの必勝手法を読み漁る
  • テクニカルについて勉強する
  • とにかく経験だ!とトレードし続ける

どの行動も間違いではありません。

人それぞれの行動、やり方があるのです。

でも、負けてばかりで頭と心が混乱して、さらに負け続ける…なんていうことになって欲しくないので、ここでは負の連鎖を断ち切るための心得をお伝えしていきます。

外為市場参加者の心理を読み取ることがFXだと思い出そう

FXはギャンブルではありません。直感や勢いでやるものではありません。外国為替市場に参加している人たちの心理を読み取るのがFXです。

そもそも為替はどうして動いているのか?

こたえは、市場参加者の心理です。

為替は市場でトレードしている多くの人々の買うタイミング・量で動いているわけです。

その動きをチャートが表してくれているので、自分以外の多くの市場参加者はどのタイミングで買うつもりだろう?とチャートから読み取ります。

市場参加者と同じような動きを取ることが勝利への1番の道です!

世界中の、顔も見えないトレーダーたちがチャートを見つめて、それぞれの分析を用いてトレードをします。

つまり、市場参加者がその通貨が上がると判断しているのか、下がると判断しているのか、その心理を値動きから読み取らなければいけません。

その通貨が上がると判断している人が多ければ「買い」エントリーをする人が増えるので、通貨は上がっていきます。

その通貨が下がると判断している人が多ければ「売り」エントリーをする人が増えるので、通貨は下がっていきます。

上がるのか、下がるのか、判断しかねている場合は小さな値動きが続くレンジ相場となります。

このように、FXは自分を含む市場参加者によって値が動いているということを再度思い出してください。

チャートを見るということは、市場参加者の心理を読み取るということです。

他人の必勝トレード法が自分にとっても成功法とは限らないことを知っておこう

FXで負け続けると、成功者のサイトやブログを参考にしたくなります。

ネットで有名トレーダーの”勝てる手法”を読み漁って、試してみたりしたことはありませんか?

勝てるトレーダーのブログなどはわたしも時どき読ませていただきます。

勉強にもなりますし、自分とは違う発想があって興味深く感じることも多々あります。

でもその必勝法が全員にとって100%正しい手法ではありません。

勝てている人が公開している”勝てる手法”はその人が自分に合う手法を見出したから。

その手法を真似してみて「私にも合う」「僕もこの手法がぴったり」なんてことになればそれはそれで良いことです。

でも、いろんなインジケータを使っても結局自分がそのポイントで反応できる感覚を持っていなければ意味がないのです…

実際、あれこれいろんなテクニカルを使ってみたけれど、結局今は移動平均線だけです!という人もいます。

成功者のトレード法が自分も必ず成功する方法ではないということを認識した上で必勝トレードブログやサイトを参考にしましょう。


FXの勉強をしてみる

FXをするにあたり、世界経済のことやテクニカルなどたくさんの知識があって損はありません。負け続けている時に重い腰をあげて勉強をすると負の連鎖を断ち切る術が見つかるかもしれません。

FXを始める時に、何から勉強をしたらいいのかわからずに少額でとりあえずスタートしてみたという人は多いと思います。

深い知識はないけれどそれなりに勝ててどんどんハマっていくのですが、負けが続くと自分のトレードは間違っているのか?と不安になってきます。

そこから勉強を始めても遅くはありません!

新聞やネットで世界経済のことを知るために勉強をすれば、世界全体の流れがつかめて、この国の通貨が値上がり期待できるかも!長期で持ってみよう!という発見ができるかもしれません。

テクニカル分析を勉強していく中で、今まで使っていたテクニカルよりもマイナーだけれど自分にはこれが読みやすい!と運命のテクニカルと出会えるかもしれません。

負けたからこそ、自分のウィークポイントをおさえた勉強ができます。

まとめ

負けが続いて負のスパイラルから抜け出せなくなっている人。

マイナスを取り返そうとポジポジ病にかかっている人。

そんな人は一度立ち止まって考えてください。

負けている時には

  • 外為市場参加者の心理を読み取る
  • 他人の必勝法が自分にとっても成功法とは限らないということを知る
  • FXの勉強をしてみる



FXカテゴリの最新記事