FXのポジションってどういう意味?

FXのポジションってどういう意味?

FXでよく耳にするポジション。

この言葉を知らなくてもFXを始めることはできますが、FXで勝つために日々勉強をしていきたくなるはず!笑

そうするとポジションは頻繁に出てくる単語ですし、それにかかる単語もあるのでついでに覚えておきましょう!

ポジション

ポジションとは、通貨を買う(あるいは売る)ことにより残高を保有している状態のことを言います。

新規で通貨を保有する時には「ポジションを建てる」「ポジションメイク」などと言います。


そしてその通貨を決済して残高が0になる時は「スクエア」と言います。

通貨を新規で買う時は「買いポジション」売る時は「売りポジション」と言います。

※FXでは空売りと言い、その通貨を持っていないのにも関わらず、これからその通貨が下がっていくと判断した時には下がる前にその通貨を売ることができます。

この、買いポジションと売りポジションの通貨量が同じ場合にも±0なのでスクエアと言うのでスクエアの場合、取引通貨が必ずしも0というわけではありません。

ロングとショート

FXでは買い注文のことをロング、売り注文のことをショートと言います。

通貨を買って残高を保有する場合「ロングポジション」「買いポジション」

通貨を売って残高を保有する場合「ショートポジション」「売りポジション」


そして、このポジションは損益を確定する時、つまり決済を行うことを

「ポジションクローズ」と言います。

たとえばこんな感じ…


米ドルが1ドル100円の時に1000通貨買う→ポジションメイク

その1000ドルを保有中→ロングポジション

米ドルが下がりそうなので1000通貨空売り→ポジションメイク

その1000ドルも保有中→ショートポジション

ロングとショートとどちらも1000通貨保有している状態→スクエア

円安ドル高になったのでロングポジションを決済→ポジションクローズ

FXカテゴリの最新記事