海外FXって実際どうなの?FX歴10年以上のトレーダーがお答えします!

2021-12-03

海外FXは、少額で始められ、大きく稼げる可能性のある、とてもドリーミーな口座です。

でも…

「海外FXって危険じゃないの?」

「海外FXってややこしそう…」

「やっぱり何でも国内産が安心!」

このように、海外FXに対して、あまり良いイメージを持っていない方は多いようです。

わたしも、FXを始めた当初は国内FXで、海外FXなんて自分が手を出すものではないと思っていました。

ところが、ふと海外FXに興味がわき、ちょこっと調べるつもりが、気づいたら口座を開設し、今では海外FXをメインにトレードをしているほど、海外FXにハマっています。

なんなら、「もっと早く海外FX口座でトレードを始めていれば、あんなに多額を投資する必要もなかったし、資金を溶かすこともなかったのに…」と悔やんでいるくらいです。

とはいえ、国内FXの方が優れている部分があるのも事実です。

海外FXの良いところ、そうでもないところ、両方ひっくるめて、「海外FXって実際どうなの?」についてFX歴10年以上のわたしが、率直にお答えしていきたいと思います!

海外FXとは?

海外FXは、日本以外の国を拠点に運営されているFX業者の口座でのトレードを指します。

海外の金融庁ライセンスを取得して、海外のルールに則って運営されています。

日本の金融庁ライセンスを取得し、日本の金融庁の監視下で運営されている「国内FX」

海外の金融庁ライセンスを取得し、日本の金融庁の監視の手が届かない「海外FX」

海外FXと国内FXの違い

日本以外の国のライセンスに則って運営されている海外FXは、国内FXよりも、より少額で大きなトレードができます。

  海外FX 国内FX
金融ライセンス 海外 日本
レバレッジ 1〜21億倍 1〜25倍
ゼロカットシステム 採用(追証請求なし) 不採用(追証請求あり)
税金 総合分離課税 申告分離課税

上の表のレバレッジを見てください。国内FXでは最大25倍までと定められているため、証拠金の25倍のトレードが限界です。ところが、海外FXは21億倍というところも!ほとんどの海外FX業者が、100〜1000倍のレバレッジを提供しています。

レバレッジが高いので、数千円のトレードでも勝ち続ければ大きく稼げる!これが海外FXです。

業者によっては、新規口座開設時に数千円〜2万円ほどのトレードに使えるボーナスをくれるところもあるので、自己資金0円で稼ぐことも可能です。

海外FXのメリット・デメリット

海外FXの最大のメリットは、ハイレバレッジなので、少ない証拠金で大きくトレードできる点です。一度、海外FXのハイレバトレードを経験すると、国内FXでは少々物足りなく感じるかもしれません。

しかし、国内FXは、何よりも日本の金融庁ライセンスを取得している点で、安心感がありますよね。国内銀行との連携もスムーズで、リアルタイムで投資金の入出金を行えるのもありがたいサービスです。

海外FXのメリット

  • 100〜21億倍のハイレバレッジトレードが可能
  • 少額で始められる
  • ゼロカットシステムでマイナス残高をゼロにリセットしてくれるので安心
  • ロスカットの基準が低く0%というところも
  • ボーナス制度が充実している業者が多いのでお得にトレードできる
  • トレード制限がゆるく、自由度が高い

海外FXのメリット

  • 国内FXに比べてスプレッドが広くなりやすい
  • 投資資金の入出金が国内FXに比べて遅い
  • スワップポイントが小さい

【メリット】海外FXはハイレバレッジトレードが可能

国内FXのレバレッジが最大25倍なのに対し、海外FXは無制限(実際は21億倍)でトレード可能な業者もあります。

レバレッジが高いということは、少ない資金で通貨をたくさん買うことができるということ。

例えば、1万円でFXをする場合…

  • 国内FX(レバレッジ25倍)⇨最大で25万円分のトレードができる
  • 海外FX(レバレッジ1,000倍)⇨最大で1,000万円分のトレードができる

海外FXなら国内FXの何十倍もの通貨を買うことができるのです。

あくまでこれは各業者が定める最大レバレッジであって、実際にトレードする場合は、最大レバレッジの範囲内で何倍でトレードするか(実効レバレッジ)を自分で決めることができます。

実際に最大レバレッジでトレードなんてしてしまったら、あっという間にロスカットされてしまう確率の方が高いです。為替レートがある程度、思わぬ方向に動いても大丈夫なように、余裕を持ってトレードしましょう。

ハイレバレッジトレードのメリットは、大きなトレードができることより、証拠金に余裕をもってトレードできる点にあります。

ギリギリの証拠金でトレードしていると、メンタルがブレてしまい冷静な判断ができなくなってしまいます。これでは勝ち続けるのは難しいです。

かといって低いレバレッジでトレードしていては、利益が小さくおもしろくありません。外貨預金と大して変わらなくなってしまいます。

ハイレバレッジは、トレードの攻守において、トレーダーの味方なのです。

【メリット】海外FXはゼロカットシステムでマイナスをリセット

海外FXは「ゼロカットシステム」を採用しているので、証拠金を上回る損失(=残高マイナス)が発生しても、ブローカーがゼロにリセットしてくれるので、安心です。

ハイレバレッジで大きな金額をトレードをするなら、もし、思わぬ方向に動いてしまったら損失額も大きくなってしまう…と不安になるかと思います。だからといって、必要以上に消極的に運用していては、ハイレバの意味がなくなってしまいますよね?

そんな不安をカバーしてくれるのが、ゼロカットシステムです。

急激な変動で思わぬ方向にレートが動いてしまい、あっという間に証拠金維持率が低下し、ロスカットも間に合わずマイナス残高になる…怖い話ですが、FXの世界では珍しくもなんともない話です。

このマイナスを、海外FXブローカーはキレイにゼロにリセットしてくれるので、マイナス残を精算するためにお金を工面する必要はありません!

【メリット】ロスカット基準が低い

証拠金維持率が低下し各ブローカーが設けた基準にまで到達してしまうと、強制的にロスカットされてしまいます。海外FXは国内FXに比べて、ロスカット基準が低い傾向にあります。0%というところも。

一方、国内FXでは80%〜90%というブローカーもあります。任意で設定できるブローカーもあるようですが、ゼロカットシステムがない国内FXでロスカット基準を低くするのは、危険です。

万が一、急激なレート変動でロスカットが間に合わずマイナスで決済されてしまうと、国内FXの場合、追加証拠金を支払わなければいけません。投資したお金を全て失ったうえに、さらにマイナスを補填するためのお金を持ち出さないといけないのです…

そうならないためにも、国内FXでトレードするなら、ロスカット基準はある程度の高さが必要です。

海外FXなら、最悪の事態が起きてもマイナスをリセットしてもらえますし、なにより、ハイレバトレードをするのにロスカット基準が高いなんて、トレードの妨げになってしまうことも。

少額で始められる!が魅力の海外FXなのに、ロスカット基準が高くて、証拠金維持率を上げるために、資金をたくさん投入しないといけない…なんて避けたいですよね。そんな非効率なトレードにならぬよう、海外FXでは、ロスカット基準が国内FXに比べて低くなっています。

【メリット】ボーナスで自己資金0円で始められるブローカーもある

新規口座開設時に、リアルトレードで利用できるボーナスを付与してくれる海外FXブローカーがあります。ボーナスで無料で海外FXを試すことができるなら…と始めたトレーダーは多いのではないでしょうか。

わたしもその一人です。

口座開設時以外にも、トレード数量に応じてボーナスに変換できるポイントが付与されるブローカーや、入金額の○%分のボーナスをいただけるブローカーなど、さまざまなボーナスがあります。

ボーナス自体を現金に変換することはできませんが、ボーナスでトレードして発生した利益は、もちろん、自分のものです。海外FXはレバレッジが高いので、数千円のボーナスを何十万に増やすことだってできます!

ボーナスがもらえるブローカーは全て開設しておきましょう!(ボーナスは1ヶ月以内にトレードに使用するといった条件があるので、期限に注意してください。)

【デメリット】スプレッドが広くなりやすい

海外FXは、スプレッドが広め。国内FXユーザーは、最初、びっくりすると思います。

ドル円を例にあげると…

  • 国内FX口座A⇨スプレッド0.1pips
  • 海外FX口座B⇨スプレッド1.4pips

なかなか大きな差がありますよね。1.3pipsもあれば、取引量によっては1,300円、13,000円とか稼げちゃいますからね…

でも、スプレッドの狭い口座タイプを用意しているブローカーもたくさんありますのでご安心を。国内FXブローカ−に負けない水準の狭小スプレッドで、ハイレバトレードもできます。

が、標準的なスペックの口座タイプでは、スプレッドは広めだとご認識ください。

【デメリット】入出金が国内FXに比べると遅い

海外FXは、国内FXと比較すると、入出金が遅いです。ただし、bitwalletやSTICPAYなどのオンラインウォレットを利用すれば、リアルタイムに入出金が完了するので大きなデメリットには感じません。

ただし、オンラインウォレットは、ウォレット↔銀行口座で手数料が発生するため、利用したくない!という方にとっては、デメリットでしょう。

国内FXのように、提携銀行であれば24時間365日リアルタイムに入金ができる!といったサービスがないので、海外FXで銀行口座↔FX取引口座は、入金なら最短30分〜、出金なら最短翌営業日〜となってしまいます。

スワップポイントが小さい

海外FXは、国内FXに比べてスワップポイントが小さいところが多いです。

スワップポイントは、各国の政策金利の金利差分で、ポジションを持っていると毎営業日、預金利息のように還元されます。

ポジションを翌日に持ち越さないスキャルピングトレードやデイトレードにはスワップポイントの大小は、影響ゼロですが、スイングトレードでは影響大です。

スイングトレードは、ポジションを何日も、何ヶ月も持つので、スワップポイントをどんどん積み上げていくことができます。通貨ペアによっては、金利差なのでマイナススワップになってしまうことも。エントリーする前に、通貨ペアの売りと買いのスワップポイントを必ず確認しなければいけません。

通貨ペアによって異なるスワップポイントですが、FXブローカーによっても還元率が異なります。

ただし、スワップポイントが大きければスプレッドを広くしていたり、取引手数料がかかったりなど、別の部分で対応している場合もあるので、スワップポイントの大小だけで利用するブローカーを決めるのはNGです。

海外FX口座の注意点

海外FXは国内FX口座よりも、ハイレバレッジで少額トレードが可能なうえに、ゼロカットシステムも採用されているので、FX初心者におすすめです!

ただし、残念ながら、海外FXの中には詐欺口座もあるので信頼のおけるブローカーを選ばなければいけません。

詐欺口座はそもそもユーザーが少なく、公式サイトも「無し」か「煩雑」で、SNS等でのみ勧誘しているパターンがほとんどです。「レクチャーします」「指示通りエントリーするだけで○万円稼げます!」といった甘いお誘いに乗ってはいけません。トレード口座を指定され、言われるがまま口座開設をして入金をしたら、口座凍結で出金できないし、連絡もとれない…なんてことも。

※投資に関するレクチャーは、投資助言に関する資格を持っている人しかできません。そのような有資格者が、SNSで無料でレクチャーを申し出るとは考えられません。

海外FXは、ネットで検索してよく出てくるブローカーなら、まず、ほぼ詐欺ではありません。あとは、その中から、どの口座を選ぶのか?というところになります。

口座は1つに絞る必要はありません。初心者トレーダーなら、ボーナスがもらえる口座を片っ端から…もアリです!

ただし、ボーナスには期限があるので、口座開設してボーナスをもらって、そのまま放置してはいけません。ある程度、デモトレードで取引感覚をつかみ、トレードできる状態になってから、口座開設をして、期限内にボーナスでトレードしましょう。

おすすめの海外FX口座

わたしが実際に利用している(したことのある)海外FX口座の中で、おすすめの口座をご紹介します。

※他にも優良な口座があるのですが、口座を開設したものの実際にトレードしていない、あるいは、入出金を試していないため、「実際に利用しておすすめの口座」には当てはまらないので、利用してみてから随時ご紹介していきます。

  • GEMFOREX(新規口座開設ボーナス&入金ボーナス)
  • XM(新規口座開設ボーナス&取引ポイント)
  • Exness(レバレッジが2,000倍!要件クリアで無制限レバレッジに)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、海外FX初心者はマストで利用してほしいブローカーです。

新規口座開設ボーナスが1万円OR2万円ももらえるキャンペーンを定期的に実施しているので、ぜひ、キャンペーン期間中に口座を開設してください。(できれば2万円ボーナスの時に…)

GEMFOREXは、新規ユーザーだけでなく既存ユーザーにも、ジャンジャン、ボーナスをくれます。

3日間限定の入金額の100%ボーナスも頻繁に開催されています。こちらは、当選者のみボーナスをもらえる権利が与えられるというもの。当選したらマイページにバナー表示され、当日中に入金したら、その100%分がボーナスとして付与されます。

年に数回は100%⇨200%になって、キャンペーンが実施されます。

100%ボーナス:10万円入金したら10万円ボーナス付与で証拠金合計20万円に

200%ボーナス:10万円入金したら20万円ボーナス付与で証拠金合計30万円に

⇧証拠金が増えるので、口座にも心にもゆとりをもってトレードに集中できます!

毎日開催されているジャックポッドボーナスもユーザーにありがたいサービスです。こんなにボーナスいただいていいんですか?って思ってしまいます…

ジャックポッドボーナスは、1日で5Lot以上取引をすれば、抽選権利をGET。抽選ボタンを押して表示された2〜1000%のボーナスをもらえる権利が与えられるので、入金をしてボーナスをいただく…というもの。

入金ボーナスは入金額最大10万円までですが、10万円入金して1000%だったら100万円分のボーナスがもらえるって、すごくないですか?!

1000%なんて当たるわけないと思っていましたが、10回目くらいで1000%が出ました。感動ものです。

【GEMFOREXのボーナス】

新規口座開設ボーナス1万円か2万円

入金ボーナス100%か200%

ジャックポッド(毎日)2〜1000%

銀行口座入出金がスムーズで、オンラインウォレットやクレジットカードによる入出金に抵抗がある方にもおすすめです。

GEMFOREX公式サイトはコチラから

XM(エックスエム)

XM(エックスエム)も海外FX初心者にはマストで口座開設をおすすめしたいブローカーです。

新規口座開設時に3,000円のボーナスが付与され、継続してXMでトレードをしていれば、取引量に応じてXMPというポイントが貯まっていきます。XMPポイントは、トレードで使用できるボーナスか、現金(USDのみ)に交換できます。

このXMポイント、侮れないんですよ…

⇨XMポイントについてはコチラの記事でもご紹介しています。

気づいたらこんなに貯まってた!とウキウキするシーンが訪れるかと思います。

XMは、口座タイプが3種類(スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座)あり、トレードスタイルによって口座を選べるので、初心者〜上級者まで幅広い層に人気のブローカーです。

わたしの周りにはXMでしかトレードしていないというXM一筋の方も何人かいます。個人的には、え?他のブローカーのボーナスもらわなくていいの?とも思いますが…笑 

口座は8口座保有できるので、「スキャルピングはゼロ口座で」「初めてトレードする通貨ペアを少額でトライしたいからマイクロ口座で」「トレードする通貨ペアによって口座を分けておきたい」といったトレードスタイルやユーザーのニーズに合わせて口座を使い分けることができます!

XM公式サイトはコチラから

Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)は、なんと最大レバレッジが2,000倍で、簡単な条件をクリアすれば無制限(実質21億倍)のレバレッジトレードができるブローカーです。

随時、取引銘柄が増えていったり…

随時、入出金の利便性がアップしていったり…

と、サービス向上中のブローカーです。

一般的なスペックのスタンダード口座〜プロ仕様のプロ口座まで全4種類の口座タイプがあります。100口座保有できるので、資産のリスク分散として細かく口座を使い分けることもできます。

初回入金額は、入金方法により異なりますが10USD相当額から始められます。口座開設後すぐに最大2,000倍レバレッジを利用できるので、「少額&超ハイレバ無制限レバレッジ(実質21億倍)」を試すことができます!

無制限レバレッジ(実質21億倍)の要件を満たせば、レバレッジ設定の選択肢に「1:無制限」が表示されるので、試してみたい方は無制限を選択してみてください。

無制限レバレッジは、有効証拠金が1,000USD相当額未満の口座でのみ利用できます。ただし、Exnessで口座開設後、10回以上かつ合計5Lot以上のトレードをしなければ「無制限」を選べません。

【無制限レバレッジ解放の要件】

合計10回以上の取引

かつ

合計5Lot以上の取引

10回以上かつ合計5Lot以上のトレード、わりとすぐに達成できそうな要件ですよね。

超少額から超ハイレバトレードを試してみたい方は、Exnessがおすすめです!

ちなみに、Exnessは公式サイトがシンプル過ぎて「これってどうなんだろう?」と思う時があるのですが、チャットサポートの対応がとても良いので、不明点などがあれば積極的に利用してください。文字でしか繋がっていないのに、親切な感じが伝わってくる…ユーザーファーストな会社なんだな、と一気に好きになりました。

Exnessの公式サイトはコチラから

まとめ

海外FX口座は、「少額・ハイレバレッジ」でとても効率の良いトレードができます。

数千円程度から、あるいはボーナスを利用して自己資金ゼロから始めることができるので、利用してみる価値アリです!