スリップページとは何か?

スリップページとはFX取引をする時に、注文したレートと約定したレートの差です。

たとえば、1ドル100.00円で注文をしたのに実際は100.10円だった…

というように、「えー!こんなはずじゃなかったのに…」となってしまうヤツです💧

どうしてスリップページが発生するの?

注文から約定までの間のあの瞬間に

顧客の注文→FX会社がインターバンク市場に注文→約定

という流れがあります。

相場の変動が激しい時などは、注文も多いためにスリップページが起こりやすいです。

これは各社のシステムやサーバーに起因するものなので、口座を選ぶ際には約定力に力を注いでいる会社を選びましょう。

長期トレードやスイングトレードなど保有期間が長いものであればスリップページにそんなに神経質になる必要はありませんが、スキャルピングのように短時間で少しのpipsを積み上げる取引ですと、スリップページが発生することによりマイナスになってしまうことも無きにしもあらず…

スリップページを設定できる会社もある

最近では、スリップページを設定しておいて、それ以上のスリップページが発生したら約定しないようにすることもできます。

これをすることによって、自分が希望しないレートでの約定を防ぐことが可能です。


初めて口座を開設する時はスプレッドや通貨単位などを集中してチェックすることになるかと思います。

スリップページに対する意識が出てくるのは取引を始めてからかも…

でも、これから口座を選ぶという方は、スリップページについても参考にして下さいね。

後々、取引に慣れてくるとスリップページが気になりだすので…



スポンサーリンク