FXで勝つために絶対に身につけたい「強いメンタル」

FXで勝つためになくてはならないもの…それは「強いメンタル」です。

FX用語、テクニカルの種類、使い方、手法、マーケット情報…たくさんの知識やスキルを身につけても、「メンタル」が不安定だと勝ち続けることはできません

「FXはメンタルとの戦いだ」といったプロトレーダーのブログを初心者の頃に見かけたのですが、その頃は、ふーん…そうなんだぁ…と思った程度でした。

かれこれ10数年以上トレードしてきた今ならわかります。

「いや、ホンマそれ!」って思います。

FXでなかなか勝てないという方、これから始める方、初心者の方、どなた様も、ちょっと手法の勉強の手を休めて、一度メンタルについて考えてみませんか?

FXで勝つために。。。

FXトレードではなぜ強いメンタルが必要?

FXトレードでは、毎日毎日、上下に動く為替相場を眺めながら、「上がるかな」「下がるかな」と自分なりの分析で予測をし、売買を行います。

トレードする通貨に影響を与える世界の経済指標をチェックし、各国要人の重要発言などにも注意しながら、過去の為替推移やリアルタイムに変動する値動きを見て、エントリーポイントを探すことになります。

あれもこれも、あんなことまで念入りにチェックしてエントリーしても、逆に動いてしまうこと、ありますよね?

どう動くかわからないのがトレードであり、醍醐味なのですが…

チャートを見ていて急に思わぬ方向に大きく動くと、焦って冷静な判断ができなくなるトレーダーは多いと思います。

買いで入ったのに急に下がったから慌てて損切りして、挽回しようとすぐに売りで入ったら、その後レートが急上昇して、結果、無駄に2回損切りした…なんて経験、あるあるではないでしょうか。

重要な場面で、メンタルがブレブレで冷静な判断ができないと、勝ち続けることはできません。

だから、FXでは強いメンタルが必要なのです。

FXでメンタルを意識してから圧倒的に勝率がアップ

実体験です。

わたしは、性格上、物事を深く考えず「とりあえずやってみよう」といろいろやってしまいます。

FXトレードも、ローソク足の見方すら知らないのに「上がりそう」「下がりそう」とギャンブル的に始めました。(もちろん少額ですが…)

トレードしながら、いろんなサイトで勉強をしてテクニカル分析もできるようになり、少しずつ安定して勝てるようになったのですが、為替相場の急激な変動にはテンパってしまい、かなり損をしました。

コツコツと利益を積み上げても、負ける時はドカンといっちゃいます…

コツコツドカンって言葉は、わたしのためにあるのかな?って思いました。

エントリーポイントは間違ってないと思う…なのにドカン負けするのは、何?才能がないの?

「FX 勝てない」「FX コツコツドカン」「FX 失敗」と、同士を見つけるべく検索しまくりました。

その中で共通して出てくるワードが「メンタル」「心」「冷静な判断」でした。

たしかに、ドカンのトレードを振り返ると根拠も何もなく損切りしたり、慌ててエントリーしてたなぁと反省しました。相場の急変時にメンタルがブレブレだったのか…

ここでようやく、メンタルの重要性に気づいたのです。

FXトレードにおいて最も必要なものは、強いメンタルなのです。

それからは、為替相場が急激に変動しても「落ち着こう」「まずは状況を冷静に判断しよう」と自分に言い聞かせられるようになりました。

いかなる非常事態でも冷静でいられるようメンタルがどんどん鍛えられていき、なんと勝率が圧倒的にアップしたのです!

勝ちが増えたというよりは、負けることが激減したという方が正しい表現かもしれません。

FXで稼ぐために「強いメンタル」を身につけよう

FXトレードで稼ぐためにはトレード手法も重要です。ただし、それ以上にメンタルの強さが身に付いていなければ、FXトレードで継続的に稼ぐ事は出来ません。

FXや世界経済に関する知識が豊富で、相場分析が得意だとしても、メンタルが弱いと、FXで稼ぎ続けることはできないのです。

FXトレードで継続的に稼ぎ続けている人は、「稼ぐための手法」「強いメンタル」を身につけています。

メンタルは一朝一夕で強くなるものではありません。

日々、メンタルを意識し少しずつ鍛えていくことになりますが、FXトレードで勝ちつづけるために「強いメンタル」が必要だと理解できたなら、遠くない将来、強いメンタルが身についているはずです!

わたしは「メンタル」の重要性に気づくのが遅かったため、かなり資産を溶かしてしまいました。ドカンドカンと負けたからこそ気づいたのですが…

初心者トレーダーの方で「メンタル」の重要性に気づいた方は、素晴らしいと思います。メンタルと手法の両方を鍛えながら、FXトレードでたくさん稼いでくださいね!