【FX初心者へ】少しでも多くpipsを獲得するために…ここで待つ!

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

FXを始めたばかりの頃は、エントリーしたくてウズウズしているので、ローソクがグィーンって伸びると「キターーー!」とすぐにエントリーしていました。

(今でもついやっちゃう時がないこともないのですが…)

結果的に、天井や底を掴むことなく、利益がとれたら問題ないっちゃーないのですが、1回のトレードで、できるだけ多く利益をとれるのであれば、それに越したことはないですよね。

待つ場面は他にもありますが、今回ご紹介したいのはここ⇩

チャートを見ていての場面に遭遇したら、ついつい慌てて売りエントリーしたくなりませんか?

リアルタイムでチャートを見ていると、この部分、ヒゲじゃなく実体(白いバー)なんです。(スクショ間に合わず…)

下がる下がる−!どんどん下がる−!と思ってしまいますが、ぐっとこらえてしばらく待つと…

結局この足は、値を戻し、長めの下ヒゲ足になっていますよね。

次の足は、下がることなく陽線になっちゃっています!

ここで、「なーんだ、さっき売りで入らなくて良かった。底掴むとこだった」と買いで入ったりしてはいけません。わたしは、初心者の頃、よくやっちゃっていましたが…

ここは、反発ポイントではなく、ただ一時的に値を戻しただけなので様子をみて、で売りエントリーします。

113.860円あたりで売りエントリーせずに、114.010円あたりで売りエントリーできれば、15pipsも多く利益をとることができます!

一般的に…ローソク足は短期移動平均線(上の画像ではブルーの線)に沿って推移します。

上昇トレンド中は、短期移動平均線の上を

下降トレンド中は、短期移動平均線の下を

トレンドじゃない時は、短期移動平均線に絡みながら

ローソク足が動いていきます。

相場が急に大きく動くと、ローソク足が短期移動平均線から大きく乖離するのですが、その後、短期移動平均線にローソク足が近づく動きをとります。

この戻りを待つことで、少しでも多くpipsをとることができるのです!

もちろん、短期移動平均線から大きく乖離したままローソク足がズンズン進むこともあります。

すると、短期移動平均線がローソク足に追いつくような形になるので「あのとき、値が戻るのを待たずにエントリーしておけば良かった」となってしまうこともあります。

この点にはご注意ください。

●口座開設で3,000円ボーナスGET! トレードする度にボーナスや現金に交換できるポイントが貯まる!●

●ボーナスキャンペーンがとにかくお得で豊富!●

●レバレッジが2,000倍!条件クリアで無制限レバレッジも●

●国内FXでさくさくスキャルピングしたいならココ●