FXとは 〜少額で始められるのはなぜ?危険は?〜

FXとは 〜少額で始められるのはなぜ?危険は?〜

FXは少額で始められる、というのはよく耳にするかと思います。

一方でFXで大損した!という恐ろしい話も聞いたことがあるのではないでしょうか?

少額で始められるのに大損って…?

それはFXの仕組みを知ればスッキリします❤

少額で始められる理由

FXではレバレッジという仕組みを使い、少額で数倍の額の取引を可能にしています。

レバレッジとはてこの原理という意味です。

国内のFX業者では25倍までのレバレッジをかけることができます。

5万円で最大250万円分の取引を行うことができます。


それって、FX業者に250万-5万の245万円を借金しているってこと?

と思う方もいるかもしれませんが、もちろんそんな恐ろしいことはしません!


FXでは、取引の都度その総代金を動かすわけではありません。

売買で発生した損益だけを受け渡しする差金決済という取引をしているので少額でも取引が可能になります。

ただ、お金をいただかずに差金決済だけすることはできませんので、FX取引口座に証拠金といって取引をしたい総代金の4%を入金する必要があります。

たとえば…

1ドル100円のときに10,000通貨取引を行いたいとします。

外貨預金であれば100万円を用意しなければいけないところ、FXでは最大25倍のレバレッジ取引をすることができるため、100万円の1/25(つまり4%)の4万円の証拠金を入金すれば取引を行うことができます。

ところがこの取引で、2万円損が発生したとします。

この2万円は証拠金4万円から差し引かれて、せっかくの証拠金が2万円に減ってしまう…

ということになります。


もちろん、2万円利益が発生したとすれば証拠金4万円が6万円に増えるというわけです。

どんな危険があるのか?

いい話ばかりではありません。

FXではお金が減ることもあるし、最悪の場合は証拠金以上のマイナスを背負うこともあります。

証拠金の範囲で損をするパターン

もし、4万円を証拠金として取引して、急な変動でマイナス5万円になったらどうなるの?と不安になります。

4万円−5万円=マイナス1万円

4万円でFXにトライしたのに失敗して1万円をFX業者に払わないといけない…

FXのせいで貯金5万円を捨てたようなもんだ!

なんてことにはならないように、各FX業者で一定の基準を設けて、取引しているものに対して証拠金の割合が少なくなってくると、その時点で損を確定してしまいます。

強制ロスカット

ということになります。


たとえば、証拠金維持率が80%に到達するとロスカットします、というFX会社であれば…

4万円の証拠金でFXをスタートしたものの、思っている方向とは逆に動いてしまい、証拠金維持率が85%に!

この時点で、証拠金を増やすべく追加でいくらか入金をすれば証拠金維持率はUPするのでひとまず安心ですが、追加入金をしなければ、維持率が80%にタッチすれば、その時点でマイナス確定で取引が終了してしまいます。

増やすぞ!と意気込んだ4万円は、数千円に減ってしまう…ということがあります。

ただ、危険を回避するために、マイルールを作り実行していくことができるのでFXをする人が後を立たないのです。(あわせてこちらもチェックしてください)

証拠金以上のマイナスになってしまう最悪パターン

相場は突然大きく動くことが多々あります。とくに新興国の通貨では、ドカン!と動いてしまい、ロスカットシステムにも間に合わないこともあります。

これが最悪のパターンです。

2015年にはスイスフランショックといって、ユーロスイスが20分間で41%も暴落するという事態が発生しました。

これにより、ロスカットシステムも追いつかず、一瞬でマイナスで損確定してしまった人も多くいます。

このような危険が潜んでいることを理解して、しっかりと勉強をして、少額で小さな取引から経験を積んでいくのが良いでしょう。

※ちなみに、2019年現在、海外FX業者ではゼロカットシステムといって、マイナスをゼロにしてくれるシステムを採用しているところがほとんどです。

海外FX業者と聞くと、初心者にとってはハードルが高く感じてしまうかもしれません。

ところが、国内FX業者は25倍の取引が可能ですが、海外FX業者は1000倍近い取引を可能としているところが多く、国内FX業者よりも、より少額でゼロカットシステムの環境でトレードできるため、初心者の利用が増えています。

以上のFXの良いところ、怖いところを理解して、FXでトレードを楽しみましょう!

わたしが利用している口座はこちら↓↓↓

国内FX↓

JFX

海外FX↓

GemForex

XM

※他にも口座開設していますが、現在稼働中はこのとおりです。

FXカテゴリの最新記事