FXとは 〜少額で始められるのはなぜ?〜

FXとは 〜少額で始められるのはなぜ?〜

FXは少額で始められる、というのはよく耳にするかと思います。

一方でFXで大損した!という恐ろしい話も聞いたことがあるのではないでしょうか?

少額で始められるのに大損って…?

それはFXの仕組みを知ればスッキリします❤

少額で始められる理由

FXではレバレッジという仕組みを使い、少額で数倍の額の取引を可能にしています。

レバレッジとはてこの原理という意味です。

国内のFX業者では25倍までのレバレッジをかけることができます。

5万円で最大250万円分の取引を行うことができます。


それって、FX業者に250万-5万の245万円を借金しているってこと?

と思う方もいるかもしれませんが、もちろんそんな恐ろしいことはしません!


FXでは、取引の都度その総代金を動かすわけではありません。

売買で発生した損益だけを受け渡しする差金決済という取引をしているので少額でも取引が可能になります。

ただ、お金をいただかずに差金決済だけすることはできませんので、FX取引口座に証拠金といって取引をしたい総代金の4%を入金する必要があります。

たとえば…

1ドル100円のときに10,000通貨取引を行いたいとします。

外貨預金であれば100万円を用意しなければいけないところ、FXでは最大25倍のレバレッジ取引をすることができるため、100万円の1/25(つまり4%)の4万円の証拠金を入金すれば取引を行うことができます。

ところがこの取引で、2万円損が発生したとします。

この2万円は証拠金4万円から差し引かれて、せっかくの証拠金が2万円に減ってしまう…

ということになります。


もちろん、2万円利益が発生したとすれば証拠金4万円が6万円に増えるというわけです。


FXは手持ちの資金以上の損をすることはありませんので、そこはご安心を!


そして、25倍ぴったりの通貨を取引しないといけないのではなく、自分で取引量を決めることもできますので、少額で少しだけの取引から始めることができます。

FXカテゴリの最新記事